依存症は心の病気|もう依存しない治療を受けることに異存なし

改善が難しい関係嗜癖

悩む女性

さまざまな依存症の中でもっとも判断が難しいといわれているのが「関係嗜癖(かんけいしへき)」です。物質嗜癖や行動嗜癖のように見た目や生活に変化がないことや、関係嗜癖の依存症を患っている人の多くが普通に生活を送っていることから周囲の人は気づきにくいといえます。関係嗜癖は、「恋愛依存症」や「セックス依存症」「共依存症」が挙げられます。恋愛に依存してしまい、恋愛をしていないと精神的に不安定な状態になってしまう人はこの恋愛依存症の傾向があります。恋人と別れた直後に違う人とすぐに付き合う人や、恋人との時間を何よりも優先する人、相手に全てあわせてしまう人は恋愛依存症だといえます。これに近いのが共依存症です。関係嗜癖の中には「暴力的人間関係」も該当します。言葉や肉体の暴力で相手を支配します。共依存症の人は主に被害者が発症する傾向があり、暴力を受けてもなお相手から離れることができません。共依存症を発症する人の特徴として自己評価が低いという特徴が挙げられます。自己評価が低く、自分自身の存在価値を見出すことができないため、他者に依存して居場所を求めます。そのため、支配される以外にも、相手に尽くしたり世話を焼いたりするといった行動も見られます。共依存症は性格の問題や自発的に行なっているのではなく、無意識に行なっているため本人が自覚するのは難しいといわれています。周囲が注意しても聞く耳を持たず、さらにそのような人を避ける行動にでます。そのため、改善するには本人に自覚させる必要があります。とはいえ、依存症の中でも関係嗜癖は根の深い問題だといえるので、周りの人が指摘する際は慎重に行ないましょう。

不特定多数の異性と頻繁にセックスをしてしまう人はセックス依存症だといえます。セックス依存症は「性嗜好障害(せいしこうしょうがい)」といい、性への衝動を抑えられない症状です。また、セックスをすることで高い幸福感や満足感を得るため、不特定多数の異性とのセックスを抵抗なく行なってしまいます。その上、自分の存在価値をセックスで見出す傾向があるので、心を満たすためにもセックスをしてしまうのです。また、性嗜好障害は痴漢や盗撮、露出といった性犯罪者にも多く見られ、性への衝動を自分でも制限できなくなってしまいます。中には性風俗に頻繁に通い、金銭的に余裕がなくなってしまう人もいます。しかし、性への衝動はとめられないため、強制わいせつ罪や暴力による性行為へと走ってしまう場合もあります。セックス依存症の主な原因は幼少期の親との接し方にあるといわれています。親から愛された記憶がない人や、幼い頃に両親や離婚し、寂しくつらい思いをした人が性嗜好障害を発症する傾向があります。恋愛依存症や共依存症の人も幼少期の過ごし方や家庭環境が大きく影響しています。また、自分より弱い人に暴力を振るう人の特徴に、幼少期に親から暴力を受けていたということが挙げられます。関係嗜癖を改善するには心の治療を受ける必要があるので、依存症専門施設や精神科、心療内科でカウンセングを受けましょう。関係嗜癖の依存症は、長年の精神的ストレスによるものなので完治するには時間がかかります。根気強く治療を受けることが大切です。