依存症は心の病気|もう依存しない治療を受けることに異存なし

多重嗜癖と治療方法

医者と患者

さまざまな嗜癖がある中で、いくつかの嗜癖に依存してしまうことを「多重嗜癖(たじゅうしへき)」といいます。アルコール依存症を発症し、同時にギャンブルにものめり込んでしまっている人は多重嗜癖に当てはまります。また、ギャンブル依存症からタバコを吸う回数や量が増え、ニコチン依存症を発症することもあります。アルコール依存症の人が暴力を振るう場合も多重嗜癖だといえます。多重嗜癖は別名「クロスアディクション」といわれています。その他にも、嗜癖の対象が変わる場合も多重嗜癖、クロスアディクションに当てはまります。アルコール依存症が治ったと思ったら、次はギャンブルにのめり込んでしまった、暴力行為が収まったと思ったら薬物依存症になっていたなどの特徴のことをいいます。依存症の人は一般的に意思が弱いというイメージをもたれています。しかし、依存症を発症する人の多くが仕事や目標に一生懸命であるという特徴をもっています。ダメな自分を補うために嗜癖に逃げてしまった結果依存症になってしまうのです。そのため、完璧主義者や自分に厳しい人、自己評価が低い人などが依存症になりやすいといわれています。

依存症は專門のクリニックで完治させることができます。アルコールやギャンブルなどの嗜癖を適度に楽しめるようになることが完治だといえます。しかし、自分で制限できず大量に摂取してしまったり、長時間嗜癖に費やしてしまったりする人は、完全にそれらの嗜癖と離縁する必要があります。アルコール依存症の治療方法に、アルコールを一切摂取しないというものがあります。アルコールを完全に断つことでアルコール依存症の症状が回避されます。同時に投薬治療やカウンセングで心と体の安定を保ち、アルコールを欲する気持ちを抑えるのです。徐々に禁断症状がなくなり、アルコールを摂取しなくても良い状態になります。また、カウンセングで根本的な原因を理解することで、何かに依存したいという気持ちを取り除くことができます。根本的な原因を改善することが、多重嗜癖を避ける治療方法なのです。精神科や心療内科など專門のクリニックで専門医と治療を行なう方法と、自助グループに参加して治療を行なう方法があります。自助グループでは同じ悩みをもった人が集まるため互いに悩みを共感しながら改善へと向かうことができます。励まし合い協力し合いながら完治を目指せるため人気が集まっています。